学習フォロー
体制

Follow

学習サポート

正規の授業以外に指導を行う「講習」や必要に応じて行われる「補習」を実施。
学べる環境が整っています。268席ある都内最大級の自習室は、朝7時からほぼ年中無休で利用できます。
また目的別に特化した「課外講座」も無料で設置しています。

放課後の補習

各教科が取り組んでいるテスト等で合格できない生徒には、追試・補習が行われ、又、定期考査の成績が振るわなかった生徒は、国語・数学・英語に関して補習・追試があります。

夏期講習

7月下旬全学生対象
高校1年生までは英・国・数の3教科必修。基礎力を身につけます。高校2・3年生は選択制。弱点の補強や得意科目の更なる向上を目指します。

直前ゼミ

12月、1月に高校3年生対象で行われます。大学入学共通テストを含む大学入試対策の授業です。各教科初級から上級まで約100の講座を用意し、入試直前までサポートします。

主な課外授業

・ATLによる英会話講座
・外部講師による論文講座(大学受験用、高校2・3年生対象)
などを行っています。

二者面談・三者面談

担任と生徒との二者面談を定期的に行い、学校生活への不安などを気軽に相談できる環境を用意。保護者を含めた三者面談も毎年7月に実施します。

自ら学ぶための空間づくり

蔵書数35,000冊を誇る図書室に加え、年中無休で利用できる自習室(268席)も完備。自学自習のための空間づくりにも力を入れています。

特別奨学生について

特別奨学生入試の合格者は、特別奨学生の資格が得られ、入学金と施設費(330,000円)及び毎月の授業料と教育充実費(年間516,000円)が免除の特典があり、特別クラスに入ります。 特別奨学生は、一定の成績をとれば年次更新されます。また、入学後、成績人物共に優秀な場合、特別奨学生になることもできます。

奨学金について

家庭の経済事情により、学費の支払いが困難になった場合、学園奨学金の制度があります。(月額2万円・審査があります)

特待制度制について

  • 学科試験で成績優秀者は成績特待生になることができます。
  • 成績特待生(A特待)及びスポーツ特待生(A特待)は、入学時納入金と毎月の学費を免除します。(年次審査)
  • 成績特待生(B特待)は入学時納入金を免除します。
  • スポーツ特待生(B特待)は入学時納入金と教育充実費を免除します(年次審査)
  • 都内居住者は、東京都より入学支度金20万円(無利息・3年間返済)を借用できます。
  • 家庭の経済事情により、学費の納入が困難になった場合、学園奨学金の制度があります。

国や各自治体の補助制度

主な制度をご紹介します。対象条件により活用できる制度です。
※詳細は文部科学省ならびに各自治体ホームページをご覧ください。

  1. 1

    授業料の負担軽減精度

    市立小中学校就学支援実証事業補助金

  2. 2

    授業料以外の負担軽減

    東京都奨学給付金(東京都の助成:都内在住要件あり)

    千葉県私立高等学校等奨学のための給付金(千葉県の助成:千葉県在住要件あり)

  3. 3

    学費全般の支援

    東京都育英資金(東京都の助成:都内在住要件あり)