卒業生の声

Alumni

希望進路を実現した卒業生

現役大学生である卒業生にインタビューしました。足立学園に通いどのように過ごし現在の進路に決めたのか。これから夢を実現する後輩たちへ向けたメッセージとアドバイスを頂きました。

2017年3月卒

早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ科学科

雨田 雄太郎さん

現在の進路を決めた理由

私が早稲田大学を志望した理由は、つまらない対抗心からです。それというのも、高校3年の当初私の第一希望は慶應義塾大学の総合経済学部でした。入試形態はAO入試です。最終試験まで進むことができた私は合格した気でいました。しかし、結果は不合格。私自身の慶應に対する身勝手な怒りを覚え、ライバル校である早稲田に一般入試で入ることを決意しました。それからはひたすら英語力を伸ばす日々。

後輩へのアドバイス

私大を志望している方は、特に英語に力を入れることをおすすめします。やっていて損になることはありません。過程が結果として実る瞬間はとても気持ちがいいものです。皆さんの成功を祈っています。頑張れ!

2017年3月卒

千葉大学 工学部 建築学科

金子 真大さん

現在の進路を決めた理由

グローバル化が進む中、自分の専門分野ができるのは当たり前、いかに広い分野の知識をもてるかに差が出ると思い、総合大学である千葉大学を選びました。まずは、クラスで一番、勉強時間を多くしようと思いました。しかし進路実現の鍵となったのは、間違いなく良い友と先生方にめぐり会ったことです。

後輩へのアドバイス

夢も目標もなく毎日を過ごして、大学に不満を感じている人もいます。しかし、それは責任を逃れている気がします。専門分野のことなど何も知らない高校生が自分の進路を決めないといけないのは理不尽な話だと思いますが、現実なので、自分の人生についてしっかりと考えてみてください。何に憧れているかについて深く考えてみてください。

2018年3月卒

筑波大学 社会・国際学群 社会学類

平川 航さん

現在の進路を決めた理由

大学でも野球を続けようと思い、大学選択をしていました。筑波大学を選んだ理由は、自分のしたいかたちでの野球ができると思ったからです。また、将来の夢が明確ではなかったため、さまざまな分野を学びたいと思い、本学部を学びました。

後輩へのアドバイス

目の前のテストや授業にしっかりと取り組むこと。すると受験期間に大きなアドバンテージになる!どんなに上手く行かなくても、そういうシナリオだと思って諦めないで下さい。

卒業生(社会人)

足立学園で学んだもの。それが社会人になった今、生きてくる。
社会人として第一線で働いている先輩方に聞きました。

   

1998年3月卒業

専修大学 経営学部経営学科 卒業

富士通株式会社 社会基盤ビジネス本部

鈴木 將一郎さん

現在のお仕事について

大手通信会社様に対し通信機器やその他周辺機器の販売、サービスの提供を担当する営業をしております。皆さんがご利用されるインターネットサービスの構築に一役買っています。また、その傍ら入社時から当社アメリカンフットボール部フロンティアーズに所属し、月火木金は通常勤務、水土日は練習と自分の身体と家族には申し訳ない程無休の日々を過ごしております。お蔭様で日本一や日本代表も経験させていただきました。

現在の進路を選んだ理由

高校でアメフトに出会い日本一を目指して3年間過ごすも夢叶わず、大学でもその夢は叶いませんでした。ご縁もあり、更に上のレベルである社会人リーグにて夢の実現を果たすため現在の会社に入社しました。

足立学園で得たもの、後輩へのアドバイス

私が高校生活で得たものは仲間です。
在学時代の先輩後輩は今でも私の試合に応援に来てくれます。本当に嬉しいです。また、仲間との信頼関係を築く事の大切さも学びました。アメフトはチームスポーツでありながら各個人レベルで与えられた役割が全く違い、それを高いレベルで遂行する事が求められるスポーツです。目的達成の為に自らの職務に責任を持つこと。それが仲間同士の信頼を生み強いチームになります。高校時代から培ったこのマインドは社会のどの場面でも役立っています。
在校生の皆さんにもおかれましては、学業も勿論大事ですが、沢山の方との交流や親交を深める事からも多くの学びがあります。是非楽しい学生生活を送って下さい!

 

2001年3月卒業

芝浦工業大学大学院 工学研究科修士課程 電気電子情報工学専攻 修了

株式会社バンダイナムコエンターテインメント NE事業部

平川 新吾さん

現在のお仕事について

スマートフォンアプリのプロデューサーとして、企画・開発・プロモーションに携わっています。アニメなどの映像作品を題材としたアプリを担当しており、関係各所や開発パートナーとの調整、データ分析、アプリの運用方針決定、プロモーションプラン策定などを行っています。また、ゲームに限らずネットワークを利用した新しいユーザーサービスや新規タイトルを常に企画検討しています。

現在の進路を選んだ理由

大学在学中にマイクロマウスというロボット競技会に参加し、新しいアイディアや技術で人を楽しませるロボット作り、様々な方から評価いただきました。それがきっかけで、技術で人を楽しませられる仕事を目指し、電気エンジニアとして入社しました。
入社当初は研究専門部署でアミューズメント機器や玩具、コンサート機器などの新規技術研究を行っていました。その後、よりお客様を楽しませられる部署を希望し、製品プロデュース部門に異動し現在に至ります。

足立学園で得たもの、後輩へのアドバイス

在学6年間で柔道部、レスリング部、生徒会副会長、文化祭実行委員長など様々な所属に身を置きましたが、それぞれで先生方には自分のしたいことに全力で応援していただきました。それにより自分の意思を貫く強さと自由な発想力で得ることが出来、現在の業務においても役立っています。周りには応援してくれる先生方がたくさんいらっしゃるので、まずは自分からアクションしていくと楽しい学園生活になると思います。

 

2006年3月卒業

立教大学 文学部文学科英米文学専修 卒業

日本生命保険相互会社 東京中央総合支社

丹羽 恭平さん

現在のお仕事について

生命保険・損害保険の営業担当者の管理職として、採用、育成、管理といった人材マネジメントと部門の指標達成に向けた戦略マネジメントを行っています。また、自らもマーケットに出ていき、法人のお客様向けにコンサルティングを行うこともあります。

現在の進路を選んだ理由

年齢、性別、職業等に関わらず多くの人が対象になり得る生命保険を通じて、様々な人と出会えることに魅力を感じました。実際に様々な業種の方と多くの出会いがあり、ビジネスのみならず人間として大変勉強になります。

足立学園で得たもの、後輩へのアドバイス

在学6年間はとにかく欲張って、時間が許す限りすべてにチャレンジしてきました。
その中で「マナーと礼節」「発想力」「論理的思考力」「発信力」「行動力」といった社会人に必要な能力を得ることができたと考えています。勉強のみならず部活動や友達、先生との出会い等すべてを欲張って、充実した青春時代を送ってください。