教育理念

Educational ideal

質実剛健 有為敢闘。
自ら学び心ゆたかにたくましく

創立時の建学の精神「質実剛健 有為敢闘」は、誠実で強くたくましいこと、優秀で人の役に立ち、最後までやりとげる人材を育成することを目指したものでした。この建学の精神を生かしながら、わかりやすい言葉で表現したのが教育目標「自ら学び 心ゆたかに たくましく」です。

それはちょうど中学再開の頃で、入学してくる中学生にもわかるものにしようと掲げたものでした。あれから約30年、この教育目標の実現のために、日々の教育活動に全力を注いできました。そして今、改めてこの教育目標が新しい輝きを放ち始めています。主体的に学ぶことのできる生徒の育成を基本に、主体的に学ぶことのできる生徒の育成を基本に、志を持ち自ら将来を切り拓ける人材を育成していきます。

質実剛健・有為敢闘

本校は「足立の地に中等教育の場を」という地域の熱意に応え、昭和4年南足立中学校・南足立商業学校として堀内亮一先生を中心に20名の地元有志の協力により設立されました。初代校長には大審院長(現在の最高裁判所長官)牧野菊之助先生が就任され、「質実剛健・有為敢闘」を建学の精神として掲げられました。

志を持ち自ら将来を切り拓ける人材の育成
教育活動の3本柱

自ら学び
希望する進路の実現
学力と人間力の向上

基礎学力を徹底してつけるとともに教養を高めます。キャリア教育を通じて自分の進路を見極める力を養います。志を成しとげるために真剣に努力できる人間を育てます。

[自ら学び]

心ゆたかに
豊かな感性、社会性、協調性を
身につけた人格の形成

「ありがとう」と感謝の意思を伝えられる心を育てます。人の心の痛みを理解できるやさしさを身につけます。社会の規律を身につけ他人と協働できる力を養います。

[心ゆたかに]

たくましく
心身ともに、強さとたくましさを
備えた男子の育成

どんな困難にも立ち向かえる勇気と忍耐力を育みます。最後までやり遂げる責任感と実行力を育てます。リーダーとしての決断力・指導力を培います。

[たくましく]