1. >
  2. 新着情報

新着情報

桜のつぼみも日増しに膨らみ、陽光うららかなこの良き日に、初鹿野理事長先生を初めとする学園役員の先生方、同窓会・PTA役員の皆様方、並びに多数の保護者・ご家族の皆様方のご臨席を賜り、足立学園中学校第三十八回の卒業証書授与式を挙行できますことを、心より御礼申し上げます。

さて、只今卒業証書を授与いたしました175名の卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。今、次のステージに足を踏み出そうとしている皆さんの心の中には、この3年間の色々な思い出が去就していることと思います。
入学して間もなく行われた強歩大会、1年次の林間学校、2年次の鎌倉校外学習、3年次の修学旅行など、学業やクラブ活動だけではなく数々の経験を積み人間力を培ってきたことと思います。そうした力の大きさは時間がたつにつれて実感できると思います。

中学校卒業とは義務教育9年間の全課程を修了したことを意味し、同時にその証書は皆さんの努力の成果というべきものです。この3年間の皆さんの努力の成果はこれからの人生において、何物にも変えがたい人生の糧となることでしょう。そうした成果は決して自分一人で成し得るものではありません。15年間絶え間なく愛情を注ぎ続け、これからも注ぎ続けてくれるご両親・ご家族に、今日の卒業に際して、心より「ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えて下さい。

克己心という言葉があります。文字通り己に克つ心です。人の心の中には、何かを成し遂げたいという気持ちと、そのために必要な努力にブレーキをかけてしまう弱い気持ちが存在します。その弱い気持ちに打ち勝つために、克己心とか努力は嘘をつかない等の言葉で自分を励ましてきているのです。戦国武将の山中鹿之助は尼子家の家臣として、主家が毛利氏によって滅ばされてから、その再興を志として掲げ、その達成のために如何なる困難をも乗り越えていきました。何度も捕らえられては逃亡し、再起を図る。全知全能を駆使してトライアルアンドエラー(試行錯誤)を繰り返す。そんな彼の生き方を表す歌に「憂きことの、なほこの上に積もれかし、限りある身の力ためさん」というものがあります。要約すると、七難八苦を我に与えたまえ、それを克服することで自分は強くなれるということです。何とポジティブな考え方でしょうか。

人生には困難がつきものです。自分の志があり、その為にという思いがあれば、乗り越えることができるのではないでしょうか。つまり、「志を立てて、以って万事の源と為す」ということです。これは明治維新の原動力となった志士達を育てた吉田松陰の言葉です。皆さんにも「夢なき者に成功なし」とお伝えしていると思います。戦国時代も幕末も日本が大きく変わる時です。そうした時に時代を大きく変える舵を取る人達は皆、世のため人のためにという、大きな志を持ち、その達成のために全力を尽くして努力したのです。
今、AIの台頭により、世の中は大きく変わろうとしています。変化に振り回されるのではなく、この変化に乗じて自分の活路を切り開いていこうとするポジティブな考え方ができる時代でもある訳です。皆さんの能力は無限大です。どのような困難が立ちはだかろうとも、それを自分のスキルアップの為とポジティブにとらえ、失敗を恐れずに果敢に挑戦していって下さい。足立学園中学校の卒業生として、胸を張り、誇りをもって突き進む姿が、後輩たちの「道しるべ」になると確信しています。

皆さんの大半は足立学園高等学校に進学するわけですが、本校は今年、創立90周年を迎えます。その節目の年に入学する生徒として、やればできるという自信、自分は尊い存在であるという自尊心、これだけのことをやったんだという自負心、自分は認められるべき存在であるという自己肯定感を備え、誇りをもって歩んで行ってください。

保護者の皆様方、ご子息のご卒業を心よりお祝い申し上げます。皆様方にはこの3年間、本校の教育活動にご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

結びとなりますがもう一度、

「夢なき者に成功なし、志を立てて挑戦せよ 足立健児よ」

とエールを送り、卒業生の未来に幸多からんことを祈念申し上げ、式辞とさせていただきます。

平成31年3月22日

足立学園中学校
校長 井上 実

3月11日(月)~15日(金)、高校2年生は北海道と沖縄に分かれて、修学旅行に行ってきました。

今回は、北海道修学旅行のようすをお届けします。

3月11日、大雨のなか羽田空港に集合した生徒たちは、
朝早い時間にもかかわらず、これから始まる4泊5日の修学旅行に期待大といったようすでした。

IMG_5264

IMG_5263

出発するころには雨もやみ、太陽が顔をのぞかせるお天気になり、
さい先のよいスタートを切ることができました。

北海道はあいにくの曇り空で、厚手のコートでも寒く感じましたが、
ガイドさんの「今日はあたたかいですよ」という言葉に驚いている生徒が多くおりました。

バスでトマムに移動した一行は、2日間のスキー・スノーボード実習を行いました。
生まれて初めてスキーを履いた生徒たちも、初日はおっかなびっくりといったようすでしたが、
2日目にはリフトやゴンドラに乗り、北海道の雪を楽しんでおりました。
天気はときどき雪が降ったりと、視界が悪い時間もありましたが、
それでもナイターまで元気に滑っておりました。

IMG_5258

IMG_5259

IMG_5260

IMG_5261

IMG_5262

IMG_5256

IMG_5250

IMG_5249

IMG_5248

IMG_5265

IMG_5267

IMG_5266

IMG_5257

3日目は北海道博物館を見学後、小樽・札幌に移動し、自主研修を行いました。
事前学習で、それぞれが興味のあることを調べ、
それに沿った自主研修は実りのある時間になったことと思います。

IMG_5251

IMG_5252

IMG_5253

IMG_5273

4日目は札幌から函館の長距離移動も含めた自主研修でした。
特急に乗って4時間かけて移動する札幌―函館間は、北海道の広さを実感するものでした。
函館山からの夜景は、生徒たちにとっては想像以上に美しかったようで、
寒さを忘れて写真を撮っていました。

IMG_5271

IMG_5269

IMG_5270

IMG_5268

最終日の五稜郭見学では北海道の歴史にふれつつ、
函館朝市では最後の晩餐とばかりに海鮮に舌鼓をうっていました。

IMG_5212

IMG_5221

IMG_5222

IMG_5272

IMG_5273

新函館北斗駅から北海道新幹線に乗り込み、一行は東京に帰ってきました。
約4時間という長距離移動でしたが、駅弁を食べた後はほとんどの生徒が熟睡(爆睡?)・・・。
4時間がこれほどまでに短く感じることはなかったのではないでしょうか。

高校最大のイベントとも言える修学旅行は、生徒たちにたくさんの思い出と学びの場をつくってくれました。
生徒たちにとっては非日常だった5日間だったかもしれませんが、
一緒に生活することで、また新たな一面を発見したり、遅くまで語り合ったりと、
さらにきずなが深まった5日間だったのではないでしょうか。

IMG_5254

『HUDDLE MAGAZINE』に掲載された、
「SAVAS presents HUDDLE MAGAZINE AWARD 2018」に、
本校生徒3名が選出されました。

 

OL(75) 長田 康誠

06_OL_75_長田02

OL(70) 志々目 航太朗

Chitoku Poseidons vs. Adachi Wild Bears

DL(68) 仲間 礁太

Chitoku Poseidons vs. Adachi Wild Bears

 

3名とも、先日本校を卒業し、それぞれ違う大学に進学し、アメフトを続けるそうです。

仲間としてがんばってきた3人は、4月からはライバルとして競い合うことになります。

これからの活躍を期待しています!

14日(木)、中学3年生は一日、春期講習をお休みして普通救命講習を学びました。
消防署・防災協会・地域消防団の方々をお呼びして、まずは座学でお話をして頂き、
その後実際に胸部圧迫や人工呼吸、AEDの使い方を学びました。

IMG_9892 IMG_9895

胸部圧迫は実際にやってみると、意外と大変!!
なかなか上手くできない生徒もいましたが、指導員の方々が
アドバイスを下さるので、少しずつ出来るようになりました。

IMG_9919 IMG_9914

人工呼吸は空気がしっかり入らず、苦戦していました。

IMG_9934 IMG_9942

AEDは校舎内にもいくつか設置されています。使用方法も大事ですが
どこにあるのか把握することも非常に大事です。

IMG_9966 IMG_9960
IMG_9969 IMG_9978

最後は終了証を頂きました。地域の皆様、長時間のご指導ありがとうございました。
中3の皆さん、いざという時に今日学んだことを実践しましょうね!

高校2年生は11日(月)から4泊5日で修学旅行に行っています。場所は北海道と沖縄です。

それぞれ様子が写真で送られてきています。

まずは北海道チームです。

IMG_9440

↑北海道博物館見学

IMG_9451

↑宿泊先のツインタワー

IMG_9443

↑ホテルにてチョコフォンデュ

IMG_9450 IMG_9453

↑スキー体験&開会式

IMG_9445

↑霧氷テラスにて記念写真

IMG_9447

↑休憩中に焼きマシュマロ

 

一方、沖縄チームは…

IMG_9439

↑ウフシュガジュマルと集合写真

IMG_9441

↑道の駅かでなから嘉手納飛行場を展望

IMG_9449 IMG_9444

↑マリンスポーツの様子

IMG_9446

↑教員vs生徒の熱いビーチサッカー対決

IMG_9448

↑文化体験にてサーターアンダギーの調理

IMG_9452

↑美ら海水族館見学

…などなど。

みんな、楽しんできてくださいね。

怪我だけはないように気をつけましょう。