剣道部

kendo

6月7日(金)~9日(日)、第71回関東高等学校剣道大会が横浜武道館(神奈川県横浜市)で行われ、東京都で優勝して出場した剣道部はベスト8となりました。
大将の簗場虎輝君(高3)が、優秀選手として表彰されました。

【男子団体戦】ベスト8

予選リーグ1回戦    1-1川口北 (埼玉)
予選リーグ2回戦    3-0大船  (神奈川)
決勝トーナメント1回戦 2-1日本航空(山梨)
決勝トーナメント2回戦 2-2(代)佐野日大(栃木)

先鋒:柿崎 椿 (高2H)
次鋒:笠井 瑛太(高3F)
中堅:山中 幸大(高3F)
副将:長谷川秀吾(高2D)
大将:簗場 虎輝(高3F)
補欠:小田 陽万(高2H)
補欠:宮田 悠矢(高2H)

顧問より
「春季大会で優勝し、東京都代表として出場した関東大会。予選リーグから手に汗握る熱戦の連続だった。
今年度から予選リーグが復活した。緒戦の川口北(埼玉)に苦戦したものの、次戦の大船(神奈川)は危なげなく退け、予選リーグは1位で通過した。
決勝トーナメント1回戦は、中堅までリードされる苦しい試合展開だったが、副将・大将が勝利して大逆転で日本航空(山梨)を下し、関東大会のベスト8に進出した。
決勝トーナメント2回戦は、代表選にもつれこむ大接戦の末、僅差で佐野日大(栃木)に敗れたが、堂々としたその戦いぶりに選手たちは胸を張ってほしいと思う。また大将の簗場は大会の優秀選手に選出され、閉会式で表彰を受けた。

インターハイ予選まであとわずかとなったが、部員全員で団結して、東京都の頂点を狙っていきたい。最後になりましたが、応援いただいた保護者の皆様、OBの先輩方、部員全員に感謝しております。
ありがとうございました。」