校長ブログ

principal

今年も新しい先生方をお迎えして1か月が過ぎました。

理事長先生をはじめ管理職・5部長による新任研修で、教師としての在り方や本学園の歴史・教育方針、教科指導や生徒指導・進路指導、就業規則や学校の組織について全部で10講座の研修会を開きました。すでに何人かの先生の授業も拝見しましたが、新任といえども生徒の把握・授業の展開の上手な先生もいて、大変驚かされました。今年からベテラン教師による新任教師指導係も設けましたが、私自身も授業見学に行き、若い先生方の指導を中心に校長としての役割を果たしていこうと考えています。

中学校では5月1日に強歩大会を実施しました。今年のコースは北区浮間公園までの往復約28㎞。先生方や生徒会執行部の入念に準備をして、当日の天気にも恵まれて、無事終了することができました。当日嫌がって休む生徒もほとんどなく、2年生3年生に引っ張られて新入生も頑張って歩き切りました。帰ってきた生徒の顔は陽に焼けて赤く、相当体力を消耗したことがわかりますが、異学年で構成された班の中で、皆がうまくまとまっている「しっとり」感が伝わってきました。翌日は部活の試合に行く生徒が多かったものの欠席をする生徒はほとんどいませんでした。

高校1年は5月8日(金)~9日(土)で校外授業を実施しました。初日は電車の遅れで1時間以上出発が遅れましたが、薫風そよぐ西湖湖畔で、一周約10㎞のマラソンを実施しました。個人でタイムを競うと同時にクラスごとの団体戦にもなっていて、今年の優勝は普通科B組でした。この西湖一周マラソンは今年で38年目を迎える足立学園の伝統行事です。翌日は飯盒炊爨とハイキングを終えて新宿で解散しました。

新入生はこのように共通の苦しい体験を通じて、新しい男子同士の友情が育まれていきます。ここからはそれぞれの個性が発揮されてきます。来週は5月19日(火)体育祭が待っています。高校2年生・3年生はどんな実力を見せてくれるか楽しみです。今年の体育祭のコンセプトは、“整然と機敏にみんなで盛り上げる”体育祭を目指しています。