1. >
  2. 卒業生の声

卒業生の声

希望進路を実現した卒業生

現役大学生である卒業生にインタビューしました。足立学園に通いどのように過ごし現在の進路に決めたのか。これから夢を実現する後輩たちへ向けたメッセージとアドバイスを頂きました。

A.現在の進路を決めた理由 / B.後輩へのアドバイス

雨田 雄太郎さん 2017年3月卒
早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ科学科

A.私が早稲田大学を志望した理由は、つまらない対抗心からです。それというのも、高校3年の当初私の第一希望は慶應義塾大学の総合経済学部でした。入試形態はAO入試です。最終試験まで進むことができた私は合格した気でいました。しかし、結果は不合格。私自身の慶應に対する身勝手な怒りを覚え、ライバル校である早稲田に一般入試で入ることを決意しました。それからはひたすら英語力を伸ばす日々。

B.私大を志望している方は、特に英語に力を入れることをおすすめします。やっていて損になることはありません。過程が結果として実る瞬間はとても気持ちがいいものです。皆さんの成功を祈っています。頑張れ!

金子 真大さん 2017年3月卒
千葉大学 工学部 建築学科

A.グローバル化が進む中、自分の専門分野ができるのは当たり前、いかに広い分野の知識をもてるかに差が出ると思い、総合大学である千葉大学を選びました。まずは、クラスで一番、勉強時間を多くしようと思いました。しかし進路実現の鍵となったのは、間違いなく良い友と先生方にめぐり会ったことです。

B.夢も目標もなく毎日を過ごして、大学に不満を感じている人もいます。しかし、それは責任を逃れている気がします。専門分野のことなど何も知らない高校生が自分の進路を決めないといけないのは理不尽な話だと思いますが、現実なので、自分の人生についてしっかりと考えてみてください。何に憧れているかについて深く考えてみてください。

平川 航さん 2018年3月卒
筑波大学 社会・国際学群 社会学類

A.大学でも野球を続けようと思い、大学選択をしていました。筑波大学を選んだ理由は、自分のしたいかたちでの野球ができると思ったからです。また、将来の夢が明確ではなかったため、さまざまな分野を学びたいと思い、本学部を学びました。

B.目の前のテストや授業にしっかりと取り組むこと。すると受験期間に大きなアドバンテージになる!どんなに上手く行かなくても、そういうシナリオだと思って諦めないで下さい。

卒業生(社会人)

足立学園で学んだもの。それが社会人になった今、生きてくる。

社会人として第一線で働いている先輩方に聞きました。

A.現在のお仕事について / B.現在の進路を選んだ理由 / C.足立学園で得たもの、後輩へのアドバイス

   

2013年3月卒業
会津大学 コンピュータ理工学部 コンピュータ理工学科 卒業

ソラミツ株式会社 国内サービス事業部長

鍛 哲史さん

A. ソラミツ株式会社はブロックチェーンを用いたモバイル・WEB・業務アプリケーションの開発をしています。私は開発チームのマネジメントをしていますが、スタートアップなのでそれだけではなく、開発やデザインにも携わっています。

B. 最先端技術であるブロックチェーンと、まだ未発達な市場を見て選びました。この技術を用いてビジネス向けに発展させ、実用化しようという会社のビジョンにも共感しました。また、会津若松に支社を設立するといったミッションもあり、あまり経験できないことが早いうちにできると思ったのも選んだ理由のひとつです。

C. 学習面では早い段階での試験対策への取り組みが多く、また、自習学習の時間も多いため自分のペースで学ぶことができました。先生にわからない問題などを質問すると、丁寧にわかりやすく教えていただきました。時には息抜きも必要です。また、大学選びの際は自分がやりたいことと、実際に大学でやれることの差が出ないように入念に選ぶことをお勧めします。卒業した先輩の声を聞くのも一つの手です。

   

2013年3月卒業
Clausthal University of Technology(ドイツ・クラウスタール工科大学)
Electrical Power Engineering and Energy System(電気エネルギーシステム工学専攻)任期満了退学
大学院(修士)・・・明治大学大学院 理工学研究科 電気工学専攻 終了

①東京都私立学校 数学科教諭 / ②兵庫県姫路市観光大使 / ➂非営利団体JECA(Japanese Egypt Cultural Association)代表

和辻 龍さん

A. 都内の私立学校で数学科教諭として勤務する一方、姫路市の観光大使として国内外でPR活動を行っています。非営利団体JECA(Japan Egypt Cultural Association)を創設し、代表として、学校の授業や交流会などさまざまな企画を構想、セッティングし、日本人が日本にいながら「エジプトを知る場」を作り、同時にエジプト人留学生達が遺憾なく「エジプトについて語る場」を作っています。

C. 生涯見守ってくださる恩師がいて、生涯付き合える仲間がたくさんいるのが足立学園です。日本とまったく異なる環境でも臆せず、溶け込める力を6年間の足立学園生活によって身につけることができました。失敗しても懇切丁寧にアドバイスをしてくださる先生方と、常に励ましてくれる男の友情(友人)があってこそ、現在の「絶えず挑戦する私」がいるのだと感じています。

   

2006年3月卒業
東洋大学 工学部 機械工学科 卒業

東海旅客鉄道株式会社 東京第一運輸所 指導運転士

染谷 亮太さん

A. 東京~新大阪間を走る東海道新幹線の運転士として働いています。多くのお客さまの命を預かる大変責任の重い仕事です。それだけに無事に業務を終えた時の充実感も大きく、とてもやりがいのある仕事です。

B. 学生時代、将来は技術職に就きたいと考えていました。そんな時、アルバイト先の社員の方から「リニア中央新幹線を建設するJR東海の方がおもしろいのではないか」というお話があり、JR東海を受けることにしました。

C. 理系に進んだことで苦手だった計算力が養われ、ソフトテニス部では忍耐力が鍛えられ、これらは運転士研修で非常に役に立ちました。人生、目の前にあることを全力で取り組むと、いつかきっと自分の力になります。