空手道部

空手道部・同好会(中高合同)

   

人の数だけ目標がある

おそらく沖縄拳法を学ぶことができる唯一の学校です。沖縄拳法は古くから沖縄に伝わる武術です。先ずは豪壮たる力を身につけ、その先にある水のような柔らかで強烈な力を導き、そして人間を深く理解していく稽古体系です。「強さを身につける」「柔らかさを身につける」「自信を身につける」「試合で勝つ」「黒帯を締める」…人の数だけ目標がある。これが足立学園空手道部のモットーです。

部員数

12人(中2:2人、高1:1人、高2:7人、高3:2人)、高校3年生は夏の大会まで。

活動日、活動内容

活動日:月~金曜日(16:00~18:00)、土曜日(14:00~16:00)
中学生は火・木・土曜日のみ、高校生に交じって稽古します。

主な年間予定

型の稽古と組手の稽古だけでなく、護身術の要素が強い捕手という稽古をしたり、相手と組んで投げの稽古をしたり、色々な鍛錬を行っています。高体連主催の大会に年3回(春、夏、秋)出場しています。中学生は大会には出ていません。

利用施設

体育館のステージ上、土手、ピロティ等

主な大会成績

平成二十五年度東京都高等学校空手道大会 個人組手の部 ベスト32
平成二十五年度東京都高等学校空手道大会 団体組手の部 ベスト8
平成二十六年度東京都高等学校空手道大会 団体組手の部 ベスト32

空手道部の最新記事

空手道部がブログを開設しました。

クラブの最新活動状況を当ブログにてお伝えします。

過去の記事はこちら